新古車

MENU

車の上手な乗り換え虎の巻

 

新古車を買うには今乗っている車がある場合は、それを手放す必要があります。車買い取り査定は、基本的には自動車オークションで取引されている相場を基準に査定価格をつけるので全国どこででも同じ基準です。しかし、買い取り店も人気のある車種で仕入後に自社で再販できる見込みのある車両は、その業者の判断で高い車買い取り査定価格をつけても欲しい車両もあります。そのため、いろいろなショップや業者を周り車買い取り査定をしてもらうことで、査定価格の良い店が見つかる可能性が高くなります。例えば、高級輸入車の販売を得意としているショップでは人気の高い高級輸入車には高い査定価格をつける店もあります。地域では地方よりも首都圏の方が高級輸入車の販売が強いため車買い取り査定価格が高くなる可能性がアップします。また、査定価格が良いとされる人気の車種は、輸入車ではフェラーリやポルシェなど、国産車ではランドクルーザーやランサーエボリューションなど、新古車の軽自動車ではワゴンRやハスラー、ミライースなどがあげられます。また、ボディカラーは白や黒の方が人気が高く、無事故で低走行距離である方が査定に有利な条件となります。とくに新古車の人気は相当なものです。車の購入時には将来の査定価格が高い車種を選び、無事故で走行距離も必要最小限に抑え乗り換えていくことで上手な車ライフを楽しんでください。


あなたの愛車の値段をつけます。

新古車を買う前に知っておきたい車買い取り査定についての説明です。まず業者はどんなところを見るかと言うと、年式、走行距離はもちろんフロント周り、両サイド、屋根の上など外観にキズ等がないかをみます。買取業者は相場にのっとって車の査定を行います。このとき新車から3年以内であればどこの買取業者もあまり変わらない額を提示してきます。しかし3年をすぎると、各社独自の買い取り相場があるので、大きいところで40万円という差がでてしまうこともあります。これを避ける為にはインターネットなどでできる車一括査定というものを利用すると、業者に持ち込み査定してもらうより、高い値段がつきやすいです。そしてこれは一つの一括査定だけでなく、できれば3つくらい行った方が良いです。出張買い取りの場合、すぐにでも売れる状況にしそれを業者に伝えると業者は目の色を変えます。一斉の場合は名刺の裏に値段を書いてもらうようにすれば業者間での競争がはじまり高くなります。

少しでも負担を減らすために高く車を買い取ってもらいましょう

よほど長く車を乗っていない限り今乗っている車を買い取ってもらう、車買い取り査定を受けて車を買い取ってもらい新古車を買ったり、仮にこれから車に乗らないにしても少しでも高いお金で買い取ってもらいたいのが本音の所でしょう。ほとんどの場合は基本的には車種や年式や走行距離等を元にして査定しますが、車の状態で多少査定金額を左右します。車の状態は車に乗っている間中気にしなければいけないものなので、売る前だけきれいにしても大きく査定金額は変わらないものです。きれいにすることは大切ですが、高く買い取ってもらうには少しでも多くの業者から査定をしてもらう事が必要です。基本的には買取金額は大きく変わるものではないですが、業者の在庫の関係によって自分がお持ちの車種が高く買い取られることがあります。多くの業者に査定してもらう事によって、高い買取金額で査定してもらう確率が上がりますので、手間を惜しまずに多くの業者から査定を受けましょう。